OLYMPUS TG−Trackerを使いこなすための習熟強化週間!

はいさい!
沖縄・座間味島から、カメラオタクのせ〜じです!

先日、話題にした台風12号はへなちょこのまま沖縄近海を北上しましたね〜。
ゆっくりと勢力を強めながら九州へと向かい、このまま、山陽?山陰?方面へと向かうみたいっす。

九州・中国地方のみなさん、気をつけてくださいね!

 

最近は、動画ばかり撮ってます。

さて、先月私の手元にやってきた新しいカメラ「OLYMPUS TG-Tracker」。

とにかくカメラと対話をしながら撮影を重ねていこう!
ということで、ここ最近はいつも使っているカメラではなく、このTG-Trackerを持ってガイドしてます。

ガイドしながらの撮影なので、もちろん撮影に集中できるはずもないのですが(笑)、とにかく色々試しながら撮影して、PCに落として画像チェックして、、、

よほど酷い映像でない限り(笑)、ガイド中に撮影した映像はお客さんに持って帰ってもらったりしてます。

 

私のSNS活用術。

話題はちょっと変わりますが、写真家として私の活動は、大きく分けて

  • 一緒に潜ったりしたお客さんが「思い出」を持って帰る「ガイドする写真家」として活動
  • 雑誌や広告、ウェブ素材を提供する「広告写真家」としての活動

の2つになるんです。

 

で、独りよがりの自己満足にならないように、TwitterやInstagramなどのSNSに写真や映像を投稿して、たくさんの人の反応をチェックして、今後の撮影に活かしているんです。

特にInstagramなんかは、写真も映像も多くの人に見てもらえるし、反応もかなり正直なんで、スベる時は大きくスベッたりしてます(笑)。

 

これまで投稿したTG-Tracker撮影の映像まとめ。

というわけで、新しいカメラで撮影した映像の反応を知りたくて、ここ最近は映像投稿が増えちゃいました。

ここで、その投稿をまとめておくことにしましょうね〜。

 

 

回数を重ねるごとに、反応が良くなってるのがやっぱり嬉しいです♪
そんなわけで、このカメラも「簡単ケラマブルー撮影術」に仲間入りできるように訓練中です!

 

今日はここまで〜。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。
中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。
大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。
その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。
やっぱりダイビングからは離れられなかったです。
そして、座間味の海からも離れられなかったです。
警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。
今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。