座間味島が誇る夕日の名所。

はいさい!
沖縄・座間味島から、せ〜じです。

今日はスカッと晴れた座間味島。
日中はかなり暑かったけど、影になったり夕方になると以外と涼しくて過ごしやすかったりします。

 

あれから1ヶ月。

3月22日の自主トレから開始したユダマッスルダイエット塾も、気がつけばもうすぐ1ヶ月。
自主トレ開始時には87kgあった体重が、今朝の時点で81.2kgまで落ちましたー。

でもねー。
ここ最近は、体重の落ち具合が停滞期なんです。

そんなわけで、今日は午後からみっちり2時間、山道を軽くジョギングしたり、歩いたり、写真を撮ったりしながら、ゆる〜くトレーニングしてきました。

って、ボクのダイエット話なんかどうでもいいっすね!
今日、島の山道を歩いていて発見した出来事について話していきましょー。

 

座間味島オススメの夕日スポット。

島で夕日を見るのにオススメのスポットはいくつかあるんです。

  • マリリン像の前
  • 阿真ビーチ

は、港のある座間味集落からも歩いて来やすいし、すぐ目の前が海だし、イチ押しっす。

ただここは、秋から春、初夏にかけての季節がいいんです。
真夏になると、太陽がより北側に沈むので、この2ヶ所からだと夕日が山に隠れるんです。

 

これからの季節にオススメのスポットは、、、

夏場は、阿真ビーチからさらに足を伸ばした

  • 神の浜展望台
  • 女瀬の崎(うなじのさち)展望台

がオススメの夕日スポットになります。

歩いていけないことはないですが、港からだと約3km、徒歩40分ちょいはかかるかなぁ。
レンタル自転車か原付だと楽に移動できますよー(登り坂もありますが)。

ここからなら、条件さえよければ水平線に沈む夕日も見られるし、運が良かったら日が沈む瞬間のグリーンフラッシュも見られるかもしれませんねー。(グリーンフラッシュについて、Wikipediaのリンクを貼っておきましたー。)

 

座間味島、現在の展望台状況。

さて、ここまで書いたところで、本日お伝えしたいたった一つの大切なことがあるのです。

今日現在、「神の浜展望台」は柱の腐食などによる影響と思われますが、立ち入り規制がなされています。

頑張って歩いてきても、あのラストの坂道を登ってきても、展望台には上がれません!
なので、復旧まではもう少し先にある「女瀬の崎展望台」を目指したほうがよさそうです!

今のところ、復旧の目処はまだ立ってないみたいで、「早くても9月ではなかろうか」とのことでしたー。
カタチあるものいつかは壊れるわけだし、利用者の安全には変えられないっす。

そんなわけで、今夏はちょっと頑張って「女瀬の崎展望台」へ夕日を見にいきましょー。

ここからの景色もたまらないですよー♪

ではではー。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。
中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。
大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。
その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。
やっぱりダイビングからは離れられなかったです。
そして、座間味の海からも離れられなかったです。
警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。
今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。