受験生よ、ムーミンに心を乱してはいけない!心落ち着けて平常心やで!

いやぁ〜!今日も寒い!
今朝の気温は11℃。ウチナーンチュにとっては激寒の朝です(笑)。

今週末はホエールウォッチング協会の応援で、山からクジラを探す仕事です。
山の展望台で北風に吹かれながら、ひたすら双眼鏡をのぞいてました。

そんな今日、世間では大学受験センター試験が始まりましたね〜。
かつて予備校で地理を教えていた経験から、なんとなく「ラニーニャ現象」のニュースを絡めてブログを書いたのは試験の数日前。

そんな記事を書いた身として、今日の地理でどんな問題が出題されたか気になるわけですよ。
で、どんな問題が出題されたのか検索してみたらさ、、、、

 

受験生がムーミンに激怒している?

検索して出てきたのがこの画面。

え???
ム、ムーミン?

ねぇムーミン♪こっち向いて♪のムーミンが出題されたみたいで、ムーミンの国を知らない受験生が激怒してるって記事がたくさん出てきました。

いや、、、これ、地理の試験やんね?
詳しい人には有利かもしれないけど、ムーミンなんて古いアニメやしなぁ。

で、例の問題がこれ。

ネットで拾ってきました。

なるほど〜。
こりゃいい問題だわ。

あまりにも突拍子過ぎて、アニメの知識のない受験生には不利!とか話題になりやすいっすね。でも、ちゃんと見てみるとムーミンとバイキングのアニメの2つがあって、それぞれがフィンランドかノルウェーのどちらかの童話だと書いてくれてます。

「ムーミンがフィンランドの童話やでー」なんて知識は全く必要ないかな(そんなんボクも初耳っす)。バイキングという海賊が北欧のどこにいたのか?という知識は、地理の教科書や参考書には載っていて受験生なら知っとくべき知識なんす。

なので、「バイキングはフィンランドの話ではない」という消去法でムーミン問題は解決です♪
言語に関しては、ここでは触れないでおきますね。

 

必要なのは、「想定外」に面した時の冷静さ。

他にも、色々クセのある問題があったみたいですが、、、

大丈夫。心を落ち着けていきましょ。
はっきり言ってしまえば、たかがセンター試験です。
解答への思考が全くできないような問題は出ません♪というか出せません(笑)。

1点を争う大学受験であることも踏まえて、この問題にやられたとしてもまだ大丈夫っす。
これだけ話題になるということは、それだけやられた人もいるわけだし、ここで怒りに心を持ってかれると明日の2日目に実力を発揮できなくなりますもんね。

明日も、一見へんてこりんな問題があるかもしれません。
でも心落ち着けていきましょ。大丈夫。まだ自分の実力は発揮できます♪

ムーミンは決して悪くないよ(笑)。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。