島のいちばん桜、咲きました。

寒波が収まり、北風も落ち着いてきたので暖かくなった座間味島。
今日も朝から山へ上がってクジラ探しです。

クジラも大自然の中で生きている野生生物。
いくら慣れていて行動の予測はある程度つくといっても、たまにびっくりするような動きになったり、こっちにも油断があったりして見逃してしまうことがあるんです。

いやぁー。
最悪のタイミングでキープしていたクジラの行動をちょっと見逃してしまって焦りました、、、
早めに再発見できたので、なんとかよかったです。

 

一足早いサクラサク。

さて!
この時期の寒波が収まると、島でもそろそろ桜の花が咲き初める頃です。

クジラ探しを終えた後、いちばん桜を狙って山歩きしてきました。
ほぼ毎年いちばん早く花をつけている桜の木がある場所へ、、、

そして、島のいちばん桜を発見!

沖縄ではカンヒザクラという品種の桜が咲きます。ソメイヨシノと比べると、色が濃い感じです。
満開になるのは月末から来月の中旬にかけてかなぁ。

いちばん桜のフォトギャラリー。

受験シーズンにちなんで、縁起のいい「いちばん桜」をフォトギャラリー風に楽しんでもらえたら嬉しいです。

この時期は島でホエールウォッチングを終えた後に山歩きするのもオススメですよー。

沖縄本島では、今週末20日(土)から本部町の八戸岳で、来週末27日(土)から名護市で桜祭りが開催されるみたいです。
そっちの方も要チェックですねー。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。