秋の訪れを告げる沖縄の季節風「ミーニシ」。

座間味島からこんにちは♪
沖縄の天気を、わかりやすくザックリとお伝えする気象おじさんのせ〜じです。

10月いっぱい夏日が続いていた沖縄や座間味島ですが、今日から明日、明後日にかけて北風が強く吹き抜けて肌寒くなってきそうですよ〜。

 

沖縄の季節風「ミーニシ」。

そう!タイトルにも書いているミーニシが吹き始めるんです。

あっ!
「ミーニシ」とは、沖縄の方言で「新しい(ミー)」と「北(ニシ)」という意味の言葉を合わせたもので、秋の訪れを告げるその年一番に吹き始める「新しい北風」という意味の季節風っす。

例年なら、渡り鳥の「サシバの渡り」が見られる10月12日前後に吹くことが多いんですけど、今年はけっこう遅れましたね。これもラニーニャ現象の影響かなぁ。

サシバという渡り鳥っす。

サシバという渡り鳥っす。

 

 

海はどうなる?沖縄での服装は?

この強い北風の影響で、海も荒れる予報ですよー。

明後日までは波の高さが4mの予報になっているので、本島と離島を結ぶ船便にも影響が出てきそうです。
今日は高速船クイーンざまみが欠航になりました。

 

そんなわけで、今週、沖縄に来る予定のみなさん。

天気予報の示している日中の最高気温の数字に油断しないでくださいね。
強く吹く北風で、体感気温は以外と低くなります。

そして日中と朝晩の温度差に気をつけてくださいね〜。
かさばらない程度の薄手の上着を用意しておくと、安心かと思います。

 

ボクみたいに半袖でウロウロしてると風邪引いちゃいますからね(笑)。

今日はここまで〜。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。