ガイドする写真家・せ~じができるまで。~ その18 ~

はいさい!
ダイビングガイド兼写真家のせ~じです。

自分のルーツをたどってみよ~♪
なんて軽いノリで始まった連載企画。

これまでの記事は、コチラ
↓ ↓ ↓ ↓
ガイドする写真家・せ~じができるまで。~ 総集編 ~

約3週間にわたって書き続けてきた連載企画。
とうとうこれで最後になります。

 

気がつけば、四半世紀。

始まりは、14歳だか15歳のクソ生意気な宮里少年。
改めてふりかえってみると、あれこれ経験しているうちに、四半世紀が経ってしまったんですね。

楽しいときも、苦しいときも、座間味の海があって、たくさんのお客様がいて、カメラと写真があって、まわりには先輩とか仲間がいました。

さて。

これからのボクは、今までこだわり続けてきた座間味島と海の魅力を楽しみ続けていきます。
そしてその感動と癒しを、たくさんの人に伝えていきます。

一緒に潜ってみたり。
一緒に泳いでみたり。
一緒に眺めてみたり。
一緒に歩いてみたり。
一緒に話してみたり。
写真で感じてもらったり。
映像で感じてもらったり。
文章で感じてもらったり。

方法は何とおりでも作り出していける(と思う)。

今、ここにいる「みやざとせ~じ」は、
この四半世紀、猪突猛進の行き当たりばったり人生を歩みながらも、ボクに関わってきてくれたみなさんに支えられ、磨かれ、癒され、元気付けられ、修行させてもらい、楽しませてもらい、そうやってできあがってます。

そして、これからも同じように、みなさんと関わりながらさらに完成形に近づいていくはずです。

それなら、そうやってできあがっていく「みやざとせ~じ」も、ボクに関わりを持つたくさんの方を支え、磨き、癒し、元気付け、楽しんでもらえるコトができるはずやんね~。
ボクと関わる方のたったひとりでもいいから、笑顔になれたり、幸せな気持ちになれるように、自分自身の魅力をもう一度ちゃんと見つめて、我が天命をまっとうしていこう。

親父への感謝と、そして、親父の呪縛も一緒に抱えて、ニコニコやんぞ!
楽しんでやんぞ!

そんなわけで、これからも、ガイドする写真家せ~じをよろしくお願いします。

長い連載企画を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今日も、MerryChristmas ( ̄▽ ̄)。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。