切なすぎる事実を知ってしまった大晦日。

大晦日ですね〜。
今年も、残すところあと数時間っす。

今年は、これまでお世話になっていた先輩のショップの専属スタッフを辞め、新たなステージに挑戦した1年でした。
自分でもビックリするくらいにあちこち出かけ、たくさんの人に、、、、、

オッさんの振り返りブログは気持ち悪い。

って書いている時に、衝撃の投稿を見てしもたわけです。
エクスマ塾の同期生の友人で、伊豆の温泉旅館3代目のはなのツイート。

 

はなが感動した5つの食べ物のうち、2つは一緒に食べたヤツやん!
懐かしいなぁ〜。水茄子も、鰻の関西焼きも美味しかったなぁ〜。

、、、って!おいっ!!

おじさんの振り返りとか気持ち悪い

って!マジかよ!!
思いっきり振り返ろうとしてたやん!

危なぁーーー。

 

というわけで、、、写真のチカラに頼ります。

なんか恥ずかしくなったんで、Instagramの2017ベストナインを貼り付けておきます!

海アカウントの@zamamistagram

陸アカウントの@miyastagrams

来年も、ダイビングと写真と放浪旅を全力で楽しみながら、島に遊びに来てくれたお客さん、SNSを見に来てくれた方に喜んでもらえるように頑張ります!

みなさん、酔いお年を〜。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。