鯨春・2018年。

2018年、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

みなさん、お正月はいかがお過ごしでしょうか?
ボクはパソコンと向かい合って写真展に出展する写真を選びながら、ビールを飲んで過ごしてます。
大阪・箕面市のクラフトビール「箕面ビール」が美味いっす!
ペールエールはもちろん、スタウトというヤツも美味し〜。

箕面って、大阪の山奥の方にあるところで野生の猿が多いところみたいです。
王冠のデザインが面白いですね。

知ってました?
スタウト(黒ビール)って、チョコレートを食べながら一緒に飲むとめっちゃ美味しくなりますよ♪

知らなかった方や黒ビール苦手な方は、一度試してみてーー。

それでは!
みなさん。酔いお正月を〜♪

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。