そうだ!ブルーチャージしよう!

いやぁ〜。ホォムシック!
1週間を超える長期遠征をしていると、無性に海に潜りたくなるせ〜じです!

そんなわけで、行きまっせ!
ブルーチャージ!

座間味ロス、海ロス、ダイビングロス、他にも、、、
なんかモヤモヤしてるみんなにも届けまっせ!

ボクの個人的な現実逃避の妄想にお付き合いくださ〜い。

 

ケラマブルーの海チャージ!

今日は少し濃いめのブルーをみたい気分っす。

ハァ〜♪
数年前はいろいろ憧れていた写真家さんがたくさんいたんやけど、今は自分の写真がいちばん好きやわ〜。

って言いながらも、まだまだ追い求めている理想の写真にはほど遠いっす。
これから、もっと心を載せた「写心」を追求して行こ〜♪

ではではー。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。