ちょっとマニアックな水中撮影。

5月も終盤を迎えて気温が高くなると、いつも部屋の窓を全開に開けて海風を通しながら扇風機で快適に過ごせるようになってきました。
もちろんそのまま夜はぐっすりと眠るんですが、昨夜は夜中にいきなり南風が強く吹き出してきて、部屋が一気にジメジメ不快感マックスモードで目が覚めました、、、。

雨が降らなさすぎて忘れてたけど、そういえば梅雨時期なんやった。
ど〜も、エアコンを快適に効かせるとスグに夏風邪をひいて鼻をグズグズ言わせるせ〜じです。
扇風機は大事なトモダチっす。

 

仕事はサボれるうちにサボらないとね(笑)。

話は変わりますが、昨日と一昨日は相変わらずスカッと晴れた晴天でした。
ホントは、ダイビング無しの月末デスクワークDAYやったんですが、、、

空は快晴、南から吹く風は微風。
サイコーすぎる!
こんなん、ガマンできるわけないやんねー。
また仕事サボりました!デスクワークは夜にすればええねん♪

ダイビングボートに乗り込んで、1日がっつり撮影ダイブしてきましたよ〜。

テクニックに走ったマニアな撮影も好きなんです。

お客さんと一緒に潜ってガイドしてるわけじゃないので、久しぶりにテクニックに走った撮影に挑戦です。

いつもの写真と似てるようでどこか少し違う、いろんなところにこだわってみた写真です。
どこが違うか気づいてもらえると嬉しいけど、ぱっと見わかりにくいかなぁ、、、

 

スローシャッターで水中撮影に挑戦してます。

普段撮ってる写真との違いがわかりやすい、こちらの写真をどうぞ!

なんか忙しそうな感じでしょ?(笑)
スローシャッターという撮り方で、魚たちの動きを上手いこと写しとりたいなぁと挑戦してるところなんです。

動きが止まっている魚もいれば、ゆっくり泳いでブレてる魚もいて、素早く泳いで形が崩れた魚もいる。
明るくなりすぎず、暗くなりすぎず、魚の動きもわかるようにブレさせて、その上ストロボを使って本来の色も再現させて、、、と小さなこだわりたくさんの写真。

下手するとただの自己満足やと言われるかもしれないけど、、、(笑)
万人ウケする写真だけじゃなくて自分の理想をとことん追求するものも撮ります♪

まだまだ理想の1枚には遠いけど、少しずつ近づいてきたかなぁ。

この違いやこだわりの深さに気づく人、共感してくれる人、めっちゃ好きです!
ビールでも飲みながらちょっとマニアックなカメラ談義したいなぁ(笑)。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。