海はなくても楽しい時間。

発作的・島内撮影ツアーの開催

秋晴れ続きだった空に、少しずつ雲が出てきた座間味島。
明日は雨が降るとか降らないとか、、、ここ数日続いていた秋晴れは今日までかなぁ。

どーも。
陸域もガイドするせーじです。

Twitterで繋がった座間味ファンの友人が遊びにきてくれたので、昨日の夕方から今日と島のあちこちを案内してました。
久しぶりの発作的島内撮影ツアーです♪

これまでも何度か座間味島には来てくださってるんだけど、今までの島旅でまだしっかり見ることのできなかった「島の夕日」をキレイに見ることができましたー。

次は満天の星空を目標にして、、
待望のウミガメスノーケルも実現できますように(笑)。

 

そして、那覇でぶらジャジーを満喫♪

今回遊びに来てくれたサナエさんは、那覇でJAZZ好きの行政書士として活躍している友人のジャジー城間さんとも共通の友人。

そんなわけで、那覇の街をぶらぶら飲み歩く「ぶらジャジー」ツアーにも一緒にお邪魔してきました〜。

ダイビングはなくても、こうやって会いに来てくれるのって嬉しいです。
でも、、、飲み過ぎには気をつけようっと(笑)。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。