仲のいいダイバー夫妻にホッコリさせてもらった1日。

今日も晴れたり曇ったりしている座間味島。
ここ数日間、朝起きてから夜寝るまでの間は怒涛のようにすぎていってたし、ちょいとトラブルが続いたりもあったので、さすがに思考と身体がすこし重たいなぁと感じてます。

そんな昨日、Twitterで「迷ったらどちらが儲かるかではなく、どちらが楽しいかで選ぼう」っていう、エクスマの師匠・藤村正宏先生の言葉が目に飛び込んできたんす。
日々のガイドにSNSの投稿、毎朝書いているコクバーンを、お客さんや見てくれる人に心から楽しんでもらおうと意識をしてやっていると、やってるボクらも勝手に楽しくなってくるよね。
・・・なんてコトをふと考えてみたりしてました〜。

って、いきなり何の話をしてるんやろう(笑)。

 

今日の海〜♪

今日は動画でどうぞ!


お客さんとヨスジフエダイを撮ってたら、ヨスジフエダイの群れの中に1匹だけ仲間はずれなヤツを発見!

奥にいる2匹はヨスジフエダイで、手前にいるのがヨスジフエダイでないそっくりさん。
これ、キュウセンフエダイなんです。

ヨスジフエダイの群れは、よく見ていくと似ている魚がシレッと紛れているコトが多いので、ウォーリーを探せ的な楽しみ方もできますよ〜。

 

今日の海情報。

日中の気温は29℃で、水温は28℃。ここ数日は安定してますね〜。
日射しもけっこう強くて、海の中はキレイでした。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。