ITC(インストラクター・トレーニング・コース)でお世話になった恩師との再会

昨日の夕方までは、今日の船便は問題なく運航すると思ってたんだ。
でも夜中に突然強く吹き出した北風が気になって、、、朝には不安的中の高速船欠航に!!

これがあるから自然相手の仕事って難しいし、また面白いと思えるんやけど、、、
天候の急変はやめてーーー。

 

恩師との再会。

昨日と今日の2日間は、神奈川の相模原市にあるダイビングショップ「アイムマリンサービス」さんの座間味ダイビングツアーでガイドしてましたー。

インストラクターの渡邉さんは、20年前にインストラクタートレーニングコース(ITC)でボクをビシバシ鍛えてくれた(笑)教官みたいな存在の方。

久しぶりにお会いしたけど、あの頃と全然変わらないなぁ。
夜の反省会(笑)では、今後の展開についてもいろいろ新しい情報やネタを聞かせてもらえたし、いい刺激になりました♪

次のステップに向けて、頑張ろうっと。

 

昨日と今日の海〜♪

 

海が荒れて今日の高速船が欠航になったので、予定よりも少し前倒しにダイビングを切り上げてしまったけど、のんびり座間味の海を楽しんでもらいましたー。

天気、透明度、出会ったウミガメの数(5カメ)と、今月イチの神回ダイブでした(笑)。
この写真、タイマイとアオウミガメがいますよー。
見つかるかなぁ。探してみてください♪

 

今日の海情報。

日中の気温は23℃、水温は27〜26℃でした。
北風が吹き出すと、ダイビング後の船上はかなり冷えます。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。