ピカチュウ登場!

朝は青空が広がっていたけど、前線の通過で少しずつ雲が増えてきて、ちょいと雨が降っていた座間味島。
雨はサッと降ってやんでくれたので良しとしましょ。

ちょっと前から、島には季節外れの桜が咲いているなぁ〜なんて思っていたら、もうオリオンビールから「いちばん桜」が発売されてました!

うちのたまさんも興味津々っす(笑)。

シーズンオフに差し掛かるこの時期は、週末だけ予約が入ってる感じの週末ダイバーっす(笑)。
冬に向けて、今のうちにやっとくコトを済ませておくための時間ができるのはありがたいけど、、、

やっぱ海には行き続けていきたいよねー。
というわけで!今日は潜ってきたデー♪

 

今日の海〜♪

今日はフェリーで座間味入りしたお客さんとビーチエントリーでのんびり撮影ダイブ。
年に数回しかリクエストの無いビーチエントリーだけど、ハマれば1時間オーバーでじっくり楽しめますよー。

そして、今日のビーチは大当たり!
「ピカチュウ」と呼ばれている人気の「ウデフリツノザヤウミウシ」が 2匹もいましたー!

お客さんmamiさん撮影。

ね?
本当にピカチュウみたいに見えるでしょ?

天気が良ければ浅い水深でワイド撮影も楽しめるし、じっくり潜ればマクロ撮影も楽しめる。
そんな古座間味でのビーチダイブ、隠れたお勧めです(笑)。

 

今日の海情報。

日中の気温は24℃、水温は26〜27℃でした。
さすがに1時間越えのダイビングは身体が冷えてきますよ〜。

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。