お巡りさんだったんです。

はいさい!
「海はないけど湖はデカい!」湖国・琵琶の国へやってきたせ~じです!

そう!
私が警察官となり、機動隊の潜水士として活動していた琵琶湖のある滋賀県です!

ここへ来たからには、まずかつての職場だった琵琶湖とお世話になった警備艇に挨拶しなきゃね~。

きた時間が悪かったかな。。。
留守でした(笑)。

ほかにも顔を出したりお会いしたい方々もいましたが、そういえば「サミット警備」で大変な時期やった。。。

なので、今日は思い出の勤務地を何か所かこそっと見るだけにしました(笑)。

「石山駅前交番」でがむしゃらだった新米警察官時代や、「瀬田駅前交番」で激アツだったミヤザトブチョ~時代とか、あの頃の懐かしくも熱い思いに触れてきました。

 

うん。
今日もいい刺激になった!

いろいろまわりながら、このブログに書きたくなるような「お巡りさんせ~じの珍プレーや武勇伝」も、たくさん思い出してみたりして(笑)。

書いちゃおうかなぁ。
守秘義務を侵さない内容なら大丈夫だよなぁ(^^)。

たぶん。。。

 

これを見た誰かからストップがかからなければ、ちょいちょい書いちゃいます。

 

今日の関西遠征はここまで~。
明日はどこに出没するでしょう!

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。