とうとう最終日。

はいさい!
そろそろ座間味島へ帰りたくなってきた、ダイビングガイド兼写真家のせ〜じです!

1週間にわたる関西遠征もとうとう最終日。
いろいろな人と会い、楽しく熱い話で盛り上がり、大きなカメラ屋や本屋に入り浸っては最新情報をたくさん仕入れることができました。

放浪旅の醍醐味って。

そんな今日は、名古屋へやってきました。
名古屋へ向かう電車の中で、ふと「ある場所」へ行ってみたくなった私。
今まで行ったこともなく、住所もわからないけど、これまでのいろいろな人との会話からなんとなくヒントだけは知っているあの場所。。。

よし!
久しぶりにスマホに頼らず、これまでに聞いていたキーワードを頼りに、あとは道行く人に訊ねながら目的地を探す「ドラクエ」方式で、その場所を探しながら歩き回ってみよう!

知らない土地で、アナログ的に迷いながら歩き回ってみる。
これも、私にとっては放浪の旅の醍醐味だったりして。

そして、なんら迷うことなく、誰にも訊ねることなく、すぐに目的地を発見してしまった私。。。

4月のプロレスセミナー以来、私の「思考の時間」を画期的にレベルアップさせてくださった坪井秀樹さんのオフィス「TOSBOI STUDIO」のシャッターです(笑)。

アポも取っていないどころか、発作的にこのシャッターを見に行きたくなっただけなので、パチリと写真だけ撮って、早々に引き上げてきました(笑)。

 

名古屋港水族館へ!

そして、その足で名古屋港水族館へも行ってきました。

2月末から始まった座間味村の特別展も、いよいよ明日が最終日!
ちょうどいいタイミングでこっちに出てきたから、見に行かなきゃね〜。

個人的には、この特別展への写真提供などを通して、自分の写真の提供方法や使われ方について大きく考えるきっかけになったかなぁ。

これからの写真家としての活動についても、しっかりとシナリオを練り上げていこっと。
まずはサイトの構築から!ワードプレスでしっかり作り上げていこう!

 

人生に必要なことは「ドラクエ」が教えてくれる。

これからの活動も、今までいろいろな人と出会い、その会話の中からたくさんのヒントと気づきを手にしているわけだし、あとはしっかり歩いていくだけっす。
で、わからなくなったら、調べたり誰かに聞いたりしながらまた進めばいいや。

人生に必要なことは、「ドラクエ」が教えてくれました(笑)。
久しぶりに「ドラクエやりたい病」が私の中で暴れまわってますが、今は時間が何よりも大事だしなぁ。。。

うん。今は「ドラクエ」も手放そう!

 

プロフィール

宮里 清司
宮里 清司
1977年・沖縄市生まれ。 中学生の頃から、父親の出身地である座間味島の海に潜り続けてきました。 大人になって座間味の海でガイドをするようになったのですが、父親との衝突や減圧症の軽症状に悩み、ダイビング業界を一時引退。 その後、何の縁か海の無い滋賀県に移り住み、ふとしたきっかけで警察官となり、機動隊で潜水士をしていました。 やっぱりダイビングからは離れられなかったです。 そして、座間味の海からも離れられなかったです。 警察官を辞めて、座間味の海に帰ってきました。 今は、子供の頃からずっと見続けてきた座間味の海でガイドダイバーとして、そして写真家として活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。